本文へスキップ

日本助産評価機構は、助産教育に関する固有の評価基準を持つ一般財団法人です

お問い合わせはTEL.03-5981-9824

170-0002 東京都豊島区巣鴨1-24-1 第2ユニオンビル4F
(株)ガリレオ学会業務情報化センター内

認証制度の目的

制度の目的

 クリニカルラダー認証制度とは、助産実践能力が一定の水準に達していることを審査し認証する制度であり、助産実践能力が一定の水準、つまり助産実践能力習熟段階クリニカルラダーレベルVに達していることを評価する仕組みです。

 具体的には助産業務に従事しているなかで、社会の要請に応じた能力に対応する経験と必要な研修などを受講していることや助産に関する知識技術がブラッシュアップできているかなどを確認します。

 その目的は、以下の3つが挙げられます。
 第1に、妊産褥婦や新生児に対して良質で安全な助産とケアを提供できることです。
 第2に、この制度により、助産師が継続的に自己啓発を行い、専門的能力を高める機会になります。これにより助産師自身も、実践能力を自覚することで、より明確な目標をもつことにつながります。
 第3に、社会や組織が助産師の実践能力を客観視できることにあります。

制度の意義

 日本助産評価機構によるクリニカルラダーレベルVを認証することの意義については、以下のように考えております。

 日本は、助産師の免許制度は更新制ではないため、免許取得後に、助産師個人の経験や学習による能力を知る術はありません。さまざまな、周産期医療提供環境によって、助産師の実践能力の低下が懸念されている現在にあっては、計画的に助産実践能力を強化し その能力を第三者に示すことは不可欠です。レベルVを認証された助産師は、「自律して助産ケアを提供できる助産師」として、公表することができます。
  このことは、ケアの対象である、妊産褥婦やご家族へのさらなる信頼につながります。
 組織にとっては、助産ケアの質が保証でき、その組織が提供する周産期医療機能を果たすことにつながります。
  産科医師にとっては、自律して助産ケアを提供できる助産師であることがわかり、適正に役割分担をすることが可能となります。
 助産師個人がレベルVの認証を受けることで、妊産褥婦やその家族をはじめとする社会の人々に、専門職としての説明責任を果たし、助産実践の質の向上に貢献することができます。
 さらに、この認証制度は5年毎の更新制ですので、助産師は自己の知識や技術をブラッシュアップすることができ、助産実践能力の維持・向上につながります。専門職である助産師として、レベルVを認証するこの制度は、より一層助産師の専門性を高めることに繋がります。

 クリニカルラダーレベルVを認証された助産師は、アドバンス助産師と呼ばれます。 


他団体で公開されている認証制度に関する情報

 公益社団法人日本看護協会では、本制度に付随する情報を公開されておりますので、制度に興味がおありの方は(公社)日本看護協会の以下のページをご参照ください。

 ・(公社)日本看護協会 平成26年度の取り組み〜助産実践能力強化とその体制整備〜
 ・「助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)活用ガイド 解説編」(PDFファイル)
   → 認証制度の申請の流れについては、上記PDFの27ページ以降をご参照ください。
 ・「助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)活用ガイド」(PDFファイル)
 ・「助産師のポートフォリオ(Wordファイル)」
 
  ※ (公社)日本看護協会のホームページ・コンテンツへリンクしております

平成28年度以降の認証スケジュールについてentrance

     

平成28年度申請スケジュールおよび平成29年度新規申請受付休止のご案内

     

平成28年度以降の申請スケジュールについては、下記のご案内をご参照ください。次年度の申請書類については平成28年4月に当機構ホームページに掲載されます。
なお、平成29年度は、各種の環境整備、周知徹底のため、新規申請受付を休止いたします。

 >>>   平成28年度申請スケジュールおよび平成29年度新規申請受付休止のご案内

CLoCMiPレベルV認証申請に活用できる研修と認める基準について

     

平成28年度の認証申請へ向けて、研修を主催・企画される皆様のご参考に、認証申請に活用することのできる研修の基準について、ご案内させていただきます。研修会企画の際にはご参照いただけますようお願い申し上げます。

 >>>   CLoCMiPレベルV認証申請に活用できる研修と認める基準

CLoCMiPレベルVオンデマンド研修ついて

     

平成28年5月12日(木)より、日本助産実践能力推進協議会を構成する5団体(公益社団法人日本看護協会/公益社団法人日本助産師会/一般社団法人日本助産学会/公益社団法人全国助産師教育協議会/一般財団法人日本助産評価機構)主催のオンデマンド研修が開始されます(申込受付は5月9日より開始/研修配信は5月12日より開始)。
認証申請をお考えの方はご活用のほどよろしくお願い申し上げます。
以下のバナーをクリックすると、参加申込サイトへ進みます。


オンデマンド研修チラシはこちら


助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)レベルV認証の申請受付は8月1日正午より開始します。締め切りは8月25日17時(原則オンライン申請)です。

申請ハンドブックおよび申請書式について

     

認証申請の手続き等についてのハンドブック2016年度版(申請書式含む)を作成いたしました。つきましては、認証申請のご準備の際には下記のハンドブックを必ずご参照ください。

 >>>  2016年度版 認証申請ハンドブックVer.2016-h-2(2016.5.10 更新)

    

平成27年度アドバンス助産師の認証についてentrance

     

アドバンス助産師認証者の発表

     

このたびはたくさんのご申請、誠にありがとうございました。平成27年認証申請における書類審査・客観的試験の合格者が決定いたしましたので、下記のとおりご報告いたします。
合格された方々は「アドバンス助産師」として認証されることとなります。客観的試験受験者の皆様には12月24日(木)に最終の合否結果をメールにて送信をしておりますので、メールも併せてご確認ください。届いていない場合は、登録のメールアドレスに相違が生じている可能性がございますので、事務局へご確認ください。
また、「アドバンス助産師」として認証された皆様には、追って、認証書および認証カード、認証バッヂを授与させていただきます(2月上旬〜中旬発送予定)。

 >>>   平成27年度アドバンス助産師の認証について

アドバンス助産師認証者のホームページでの公開について(2016.3.23公開)

     

当機構では、本制度の目的に基づいて、「アドバンス助産師」の認証を行っております。このたび、アドバンス助産師の普及と情報公開を目的として、認証されたアドバンス助産師の名簿を公開することといたしました。

つきましては、まずは病院・診療所に所属しているアドバンス助産師に対し、氏名および所属施設のWEB掲載について2月19日に同意確認メールを送信し、 3月14日17時までに回答があり、同意の回答(本人および施設長もしくは看護部長の承諾)が得られた2,697名について本ページに掲載します。

今後も当機構ホームページでの公開に同意の回答があった場合は、7月末までに定期的に公開してまいります。2015年に認証されたアドバンス助産師の氏名および所属施設は、2016年6月末までを同意に関する回答の最終期限とさせていただきます。

また、助産所と助産師養成機関に所属しているアドバンス助産師の氏名および所属機関の公開については、同意取得方法等を現在、検討中です。
7月末までには、公開できるように検討を進めておりますので、開示諾否確認の際には何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 >>>   アドバンス助産師認証者名簿(病院・診療所編)

平成27年度個人認証評価結果について(資料)

     

昨年度の助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー/CLoCMiP)レベルV認証について、認証評価結果をまとめた資料((公社)日本看護協会作成)を公開いたします。

 >>>   平成27年度個人認証評価結果について



information

一般財団法人 
日本助産評価機構

〒170-0002
東京都豊島区巣鴨1丁目24-1
第2ユニオンビル4F
TEL 03-5981-9824
FAX 03-5981-9852
Mail.(●を@にして下さい)
g028jime-mng●ml.gakkai.ne.jp
Office Hour: 9:30~18:00
   月〜金(土日祝除く)